新冠移住日記

『新冠町地域おこし協力隊員』■2017年10月2日(月曜日)

◼️
新冠町の地域おこし協力隊員の募集が始まっている。

◼️
僕も昨年応募して採用された。新冠町の人達は後悔してるんじゃないかな。

◼️
『あんなやつ、選ばなければよかったって(笑)』

◼️
募集の内容を見てもわかる通り、新冠町の地域おこし協力隊員はまず、にいかっぷ観光協会のお仕事をする。実は僕、地域おこし協力隊員と言う制度そのもの全く知らなくって、新冠町の観光協会で働いてみたいと思って応募した。

◼️
だから今でも、地域おこし協力隊員のことをあまりよく知らない(笑)

◼️
つまり、馬産地で競馬ファンのために何かができないかと、考えていたところに新冠町の観光協会の職員募集があった。迷わず電話して、極力自分がイメージしていることをそのまま伝えようと思った。面接の時は、ものすごく緊張していて自分でもびっくりした。

◼️
もう半年も経つのだ。時が経つのがものすごく早い。

◼️
ネットととかで調べてみると、地域おこし協力隊には制度そのものに対しても賛否両論あるようだし、各自治体によって、活動内容も異なることから、どちらかと言えばネガティブな情報の方が多いような気がする。

◼️
で、例えば僕が『新冠町の地域おこし協力隊員とは?』と聞かれたら、なんて答えればいいのかなぁ。


あ、こう答える。世界一暮らし心地の良い町で、暮らしてみるのはいいもんですよ、と。


当然ながら、サラブレッドが大好きな人にはたまらない土地。それだけではなくて、お野菜が好きな人にもたまらない土地。海産物ももちろんお肉も♪


だから、お料理が得意な人なんかもわりかし充実した時間を過ごせるかもしれない。他にも、山や自然⋯魅力をあげたらきりがないや。


何か自分の必殺技を駆使して、トライしてみる価値は十二分にあると思う。

◼️
そうそう、やることをがなくってどうしよう、とか、時間を持て余して何をしたら良いのかわからない、とか、人との出会いやつながりを作るのが難しいなどの不安は、こと、にいかっぷ観光協会(新冠町地域おこし協力隊員)の仕事に関して言えば一切不要だ。

◼️
僕には必殺技なんてないけれど、町の皆さんに助けられながら充実した時を過ごしている。おべっかは…少々入ってるかも(笑)

◼️
嘘です(笑)


本当に毎日毎日、感謝ばかり。助けてもらってばかりだ。ありがたいことだし、自分はつくづく運のある人間だなと思う。

niikappu-news

投稿者の記事一覧

1974年2月4日生まれ。
『にいかっぷ新聞』|代表:若勢 文太/bunta wakase
新冠町地域おこし協力隊員

馬に魅せられ東京から北海道日高地方の新冠町へ移住。
この地が世界で一番暮らし心地の良い町だと信じてやまない。

関連記事

  1. 『南国にいかっぷ』■2017年12月11日(月曜日)の新冠移住日…
  2. 『こんな空間に僕が出会えたのも人あればこそ』◼︎2017年11月…
  3. 『朝食のお野菜』■2017年9月9日(土曜日)の新冠移住日記。
  4. 『クーラーのいらない生活』■2017年8月23日(水)の新冠移住…
  5. 『日高と十勝のこと』■2017年9月19日(火曜日)の新冠移住日…
  6. 『そろそろ、にいかっぷ新聞も3か月。』◼2017年11月16日(…
  7. 『馬』■2017年9月25日(月曜日)の新冠移住日記。
  8. 『サイコロは1の出る確率が1/6より高い件。』◼︎2017年10…

Translation

『お知らせ部』

PAGE TOP