インタビュー部

『希望の塊のような町。例えばサンシャインパドック。』◼︎2017年10月6日(金曜日)の新冠移住日記。


インターネットの普及により、競馬の予想や買い目を販売しているサイトが増えた。競馬の予想を購入することは、自由だ。例えば『競馬新聞』や『一般紙』も『印』が打ってあるし、推奨買い目も掲載されているので、広義で言えば予想の購入とも言えなくもない。


ただし行き過ぎた価格や過度なアオリには、時として幻滅させられる。生活のために馬券を買うなんてことはやめた方がいい。


でも競馬の予想を公開することは大賛成。予想をする楽しみや、こんな馬券の買い方ならお小遣いで楽しめるよって…そんなことを『にいかっぷ新聞』では伝えたい。


話は変わる。今日は久しぶりに外を回った。季節は秋。葉も大分赤く染まり、四季折々の風景が楽しめる新冠という町が、ますます好きになった。


新冠に居を移してまだ半年。まだ僕の知らない新冠は沢山あるだろう。人口約5600人のこの町は今も尚、希望の塊のような町に僕には映る。何故だろう。


正直しんどい場面はある。苦労もある。自分の未来が明るいか暗いかなんて知ったこっちゃない。ただ、新冠という町が希望の塊のような町に見えていることは事実だ。


例えば冒頭の写真は『サンシャインパドック』というもの。休養中のサラブレッド達の放牧に使われるものだ。


だけど僕には『上質な屋外レストラン』に見える。『サンシャインパドック』の中に、小綺麗なパラソルにテーブルを置きランチを食べてみたい。


ボロの匂いを嗅ぎながら(笑)


これはほんの一例で、新冠には面白いモノゴトが沢山ある。僕は面白いことが好き。面白くないことは嫌い。でも、面白いことのためには、面白くないこともやる。『にいかっぷ新聞』はどんどん伝えていきたいけれど、どんどん仕掛けても行きたい。でも10月は多忙だ。多忙は嫌ではない。ありがたいことだ。


最後に付け足しみたいになるけど、人も素晴らしい。丸い。何だか羨ましいと思うこともある。僕はにいかっぷ生まれにもなれないし、日高生まれにもなれないけれど、可能ならなりたい。(←無茶いうなw)


でも、本当だ。

niikappu-news

投稿者の記事一覧

1974年2月4日生まれ。
『にいかっぷ新聞』|代表:若勢 文太/bunta wakase
新冠町地域おこし協力隊員

馬に魅せられ東京から北海道日高地方の新冠町へ移住。
この地が世界で一番暮らし心地の良い町だと信じてやまない。

関連記事

  1. 『新冠で撮影できる何気ない写真まとめ』◾️2017年10月4日(…
  2. 『判官岬の神秘性と軽トラ市のユーモア』■2017年9月16日(土…
  3. 『ヒトを撮影するということ』■2017年9月6日(水曜日)の新冠…
  4. 『特派員がやって来た』■2017年9月15日(金曜日)の新冠移住…
  5. 『ラジオっていいね!』■2017年9月11日(月曜日)の新冠移住…
  6. 『クーラーのいらない生活』■2017年8月23日(水)の新冠移住…
  7. 『日高と十勝のこと』■2017年9月19日(火曜日)の新冠移住日…
  8. 『けいば部が活動し過ぎてる件、でも…』◼2017年10月8日(日…

Translation

『お知らせ部』

PAGE TOP