インタビュー部

『観光って言葉。』◼️2017年10月8日(土曜日)の新冠移住日記。

◼️
『観光』って言葉、僕ら子供の頃からこんなに流通してたっけな。と最近思う。

◼️
そもそも『旅行』に行くこと自体が極めて稀。こんなこと言うのもなんなんだけど、子供の頃『旅行』に連れてってもらったのは1回だけ。里帰りは別。

◼️
その1度の旅行は『韓国』だった。小学校高学年の頃だ。いとこが暮らしていたので、そこに寝泊まりした記憶がある。ホテルに初めて泊まったのは、高校の修学旅行が初めてだった。高度成長期の日本は忙しかったし、『旅行』なんてする暇などなかった。(⋯のは僕の家だけかなw)

◼️
今から30年前の韓国。楽しかったとかそういう記憶もなく、飛行機に乗って感動したとか、そういった記憶もない。ただ、スーパーかデパートの店員さんに、『この日本語はこの書き方であっていますか?』と聞かれたこととか、自分は言葉がわからないということを伝えることの難しさを痛感したことくらい。正直なところ、あまり『旅行』自体楽しくはなかったのだ。

◼️
あ、韓国が面白くなかったとかそういうわけではない。大人になってから4回もいってるのだから。景気が良い頃の韓国は本当に『元気いっぱい』って感じで、刺激的な国だった。韓国の映画やドラマも良く観たっけ。でも最近は経済や国際情勢等厳しい状況が続く国。大変だ。

◼️
中国『易経』の「国の光を観る、もって王に賓たるに利し」、これが『観光』の語源だそうな。

◼️
『光』。『ひだかの光』。『新冠の光』。何だか新手の宗教団体みたいになってきたからやめておこう(笑)

◼️
うまく言えないけど『そのまま』で十分に魅力的な『新冠』という町。『そのまま』をどうするかを考えたい。

◼️
写真は多分戦争前のものだろう。人は馬(牛かも)で移動していたのだ。で、それが写真に収められているとすれば、荷馬車(牛車)に乗る民の姿は当時も撮影者が『光』と感じたものなのかもしれないなと。

◼️
今じゃそんな人は街中にはいないけど、昔流行った『スローライフ』という言葉そのままに、こんな荷馬車(牛車)に乗って『新冠の街』をぐるりと回ってみたいものだ。

niikappu-news

投稿者の記事一覧

1974年2月4日生まれ。
『にいかっぷ新聞』|代表:若勢 文太/bunta wakase
新冠町地域おこし協力隊員

馬に魅せられ東京から北海道日高地方の新冠町へ移住。
この地が世界で一番暮らし心地の良い町だと信じてやまない。

関連記事

  1. 『ヒトを撮影するということ』■2017年9月6日(水曜日)の新冠…
  2. 『日高のイルカをみてみたい』■2017年8月28日(月)の新冠移…
  3. 『喪失して得るもの。』◼︎2017年10月14日(土曜日)の新冠…
  4. 『今日という日を』◼︎2017年10月24日(火曜日)の新冠移住…
  5. 『にいかっぷ新聞』&サラブレッド銀座のレクリエーション…
  6. 『馬好きネットワークス(仮)のこと』■2017年9月7日(木)の…
  7. 『新冠で撮影できる何気ない写真まとめ』◾️2017年10月4日(…
  8. 『日高の情熱について』◼︎2017年10月13日(金曜日)の新冠…

Translation

『お知らせ部』

PAGE TOP