けいば部

【特別企画】秋のGI勝負⇒第2弾『秋華賞』

いや〜【府中牝馬ステークス】のゲッカコウ、頑張ってくれたのですが、そもそも論としてヴィヴロスが抜けてますね(苦笑)

それにしても逃げ切って後続を封じ込めたクロコスミアは立派の一言!

『にいかっぷ新聞』競馬予想室も、ここは奮起したいところです♪

ということで☆

けいば部『にいかっぷ競馬予想室』

■■■【特別企画★秋のGI勝負⇒第2弾】■■■

■■■【秋華賞】■■■

『競馬や馬券は好きだけど、意外と競馬絡みの友達は少ない』

そんな方に捧げる企画です。

『ふちゅう新聞VSにいかっぷ新聞』⇒馬券バトルです。馬産地にいかっぷで暮らす身…『東京』には負けるわけにはいきませんが、趣旨はあくまで『競馬を楽しむ』『馬券を楽しむ』ということですので、何卒☆

ルールは下記の通りです。


■点数30点以内 各100円=3000円以内の回収率勝負
■馬券の種類は自由
■回収率で上回った方が勝者!

それでは、にいかっぷ新聞の『けいば部』競馬予想室より、特別企画第2弾!日曜京都【秋華賞(GI)】の予想をお届けします。

さあ、どうぞ。

【秋華賞(GI)】
10月14日(日)京都競馬場|15時40分発走

【ふちゅう新聞の買い目】
【馬連軸1頭流し/相手6頭(6点)】
【軸◎】7番リスグラシュー
⇒阪神JF、桜花賞とGⅠでは2着と惜しい結果になっているが、2走とも追い出すタイミングや通ったコース差で能力負けではない。ソウルスターリングが不在なら最後の1冠はもらったようなもの!

【相手△】
2番ラビットラン
6番メイショウオワラ
11番ミリッサ
12番レーヌミノル
13番リカビトス
14番ディアドラ

『ふちゅう新聞』は7番からを2、6、11、12、13、14へ『馬連』で流します。ちなみに『ふちゅう新聞』さんは馬連各500円で勝負されるとのことです。点数が少ないので特に『人気薄』のメイショウさんの馬との決着で的中なら『回収率』がグッとアップすることでしょう♪

【にいかっぷ新聞の買い目】

【3連単フォーメーション(20点)1⇒4⇒6】
【1列目/1頭】
◎1番アエロリット
⇒崩れたのは後方からレースを進めた桜花賞のみ、その後NHKマイルを2番手追走から制覇。休養明け初戦の札幌クイーンCでもHラップで飛ばしながらも着差をつけての完勝劇で、コーナー4つでごまかしの効くこのコースなら距離も持ちそう。カワキタを見ながら前を捉えて、2個目のG1タイトルを手にするのはこの馬か。

【2列目/4頭】
2番ラビットラン(この馬にとっては内枠はどうかも、先々大きなところを勝ちそうな馬。それがこのレースかとなるか。)
6番メイショウオワラ(ローズSの時にも触れたが、2走前のハイレベル戦を制している)
7番リスグラシュー(直線長いコース向きも力量は上位)
13番リカビトス(無敗で3連勝中)

【3列目/6頭】
2番ラビットラン
6番メイショウオワラ
7番リスグラシュー
8番カワキタエンカ(逃げて逃げて)
13番リカビトス
16番ファンディーナ(前目につけられれば)

『にいかっぷ新聞』は『3連単フォーメーション』です。下記のようにマークします。

【1列目】1
【2列目】2、6、7、13
【2列目】2、6、7、8、13、16


マークシートにマークスするとこのようになります。ちなみに、またマークミスしてます(涙)1列目は1番の1頭のみにマークしましょう。『3連単フォーメーション』は馬券の戦略や競馬予想として物凄く面白いと思うのですが、編集長にはデメリットがあると考えています。(当たる当たらないはともかくとして⋯w)

それは『点数』です。お絵かきや塗り絵のように『あの馬もこの馬も』と塗りつぶしていくと、あっという間に『点数』が増えていってしまいます。ネットで馬券を買い慣れている方は、パッと点数がオッズとともに表示されるかと思いますが、競馬場でマークシートを利用して⋯となると混乱してしまいます。ですので【1頭⇒4頭⇒7頭】なら20点というように、点数を覚えておくとようでしょう♪

当たればさらに良いでしょう(笑)
先週結果の回顧は後日に改めてm(_ _)m

それでは楽しい日曜日の競馬ライフをお楽しみくださいね☆

【メモ】
ラピッドランが4番人気であることについて。
ローズSをあの豪脚で制覇しているのにもかかわらず4人気に落ち着いている理由は、まず『秋華賞』というレースが後方一辺倒の馬には厳しいという点が挙げられます。前走4角13番手。直線短い秋華賞はあのウオッカでさえ差し届かずで敗戦を喫したコース。
しかしそれ以上に『タピット産駒である』という点が大きいでしょう。タピットは米国の種牡馬で種付け料はディープと、まあほぼ同じ。超がつくほどの人気種牡馬ですが、いわゆるダート血統です。とはいえ芝で大物が出る可能性は当然あります。ただし前例がありません。こういうケースは『競馬』や『馬券』で度々起こります。今回勝つかどうかはともかくとして、『馬券戦略』的には『血統穴に逆張りする』手もあるのではないかと編集長は考えております。

niikappu-news

投稿者の記事一覧

1974年2月4日生まれ。
『にいかっぷ新聞』|代表:若勢 文太/bunta wakase
新冠町地域おこし協力隊員

馬に魅せられ東京から北海道日高地方の新冠町へ移住。
この地が世界で一番暮らし心地の良い町だと信じてやまない。

関連記事

  1. 『にいかっぷ競馬予想室』@『シリウスステークス』
  2. 【特別企画】秋のGI勝負⇒第11弾『有馬記念(GI)』
  3. 『にいかっぷ競馬予想室』@『ローズステークス』馬券予想
  4. 『オータムセール2017』→祝★開幕【けいば部】より。
  5. 【けいば部】よりオータムセール2017の初日をスライドショーです…
  6. 『にいかっぷ競馬予想室』@『新潟2歳ステークス』馬券予想
  7. 『にいかっぷ競馬予想室』@『紫苑ステークス』馬券予想
  8. 【特別企画】秋のGI勝負⇒第8弾『チャンピオンズカップ』

Translation

『お知らせ部』

PAGE TOP