インタビュー部

『ドングリ不作→●●出没!?』◼️2017年10月5日(木曜日)の新冠移住日記。


ドングリの不作。この余波は、こと北海道においてはあまりにも大きく、朝から椅子から転げ落ちそうになるところをグッと踏ん張りながら『道新』に目を通す。


ちなみに『道新』とは『北海道新聞』の略である。


ドングリの不作に打撃を受けたのは『ヒグマ』。市街地に出没する可能性も示唆されていた。


もしも人気のない道で『森のクマさん』に出会ったら…『花咲く森の道』で『クマさん』に出会ったら。


やはり昔から言われているように『死んだフリ』をするのが正解か。『ムツゴロウさん』のように仲良くお友達みたいになれないのだろうか。


出会わない方法としては『鈴やラジオで音を出しながら歩く』とあるが、流石に市街地で音を出しながら歩くなんて、僕には出来ない。町は静かだ。


となれば、出会ったら諦めろと言うことか。ちょっとコメディックに書いているが、実際に誠に遺憾ながら釧路で死亡事故も起きている。


調べてみると『死んだフリ』などもってのほかで、声などで威嚇しながら離れること。音を発することが大事なんだね。


ちなみに若かりし日、石垣島でインストラクターをやっていた頃に『サメに出会ったらどうしましょう?』と尋ねたら『諦めろ』と即答で帰って来たっけ(笑)


『自然とともに暮らす…』なんて言うと聞こえがいいけど、危険もあるわけだ。だけど背筋がピンとするし、人はやっぱり自然と触れあいながら生きていくほうがカッコいい。カッコいいというよりかは全うな生を遅れるような気がするよ♪

niikappu-news

投稿者の記事一覧

1974年2月4日生まれ。
『にいかっぷ新聞』|代表:若勢 文太/bunta wakase
新冠町地域おこし協力隊員

馬に魅せられ東京から北海道日高地方の新冠町へ移住。
この地が世界で一番暮らし心地の良い町だと信じてやまない。

関連記事

  1. 『新冠とピーマン』■2017年8月22日(火)の新冠移住日記
  2. 『例えばバンドみたいなようなもの』▪️2017年12月30日(土…
  3. 『間違いなく新冠ブーム(仮)はやってくる』◼2017年11月11…
  4. 『英語じゃなくて英話って科目名の方が面白そう』◼️2017年9月…
  5. 『ファクト以外の魅力について』■2017年9月13日(水曜日)の…
  6. 『お土産を届けてくれる気持ちが嬉しいです』◼︎2017年10月1…
  7. 『日高の情熱について』◼︎2017年10月13日(金曜日)の新冠…
  8. 【インタビュー部】の第1回目のインタビューはアノ人…と決めている…

Translation

『お知らせ部』

PAGE TOP