『お野菜』研究室

『にいかっぷ軽トラ市で出会える魅惑のお野菜→勝手にランキング(まとめ)♪』

いや〜先週土曜に『大盛況』のうちに幕を閉じた【にいかっぷ軽トラ市in道の駅】なわけですが、とにもかくにも編集長である僕にとっては『サプライズ』に次ぐ『サプライズ』でした。今もシミジミと『楽しい空間』だったな〜とニヤニヤしてしまうほど。

『美味しい』
『楽しい』
『面白い』

関東某所のテーマパー●よりも優れたエンターテイメント空間、そしてフランクなホスピタリティー。さらには人が人として楽しくコミュニケーションが楽しめる程よいサイズ感♪『素晴らしい』の5文字に尽きます(笑)

ということで、まずは『お野菜』について編集長の独断と偏見により『勝手にランキング』しちゃいます( ・`ω・´)キリッ

それでは、どうぞ★

【第8位→ぷちぷよ】

★解説:食べた瞬間に訪れるスイーツ感。『君はミニトマトなのか、それともサクランボなのか』とついつい語りかけたくなるようなかわいいお野菜。

【第7位→パープルカリフラワー】

★解説:『こんなにインスタ映えするお野菜ありまっか〜』っていうくらいショッキングなビジュアル。味はもちろん◎でした。残念ながら茹でると、ここまでの綺麗な『紫』は失われてしまうのですが、『甘酢漬け』にして楽しむのがベストかな。編集長のクッキングスキルは偏差値20程度なので、普通に茹でて頂いてました♪今度『インスタ映えしないけど美味しいシリーズ、やりたいですね』。

【第6位→トマト(大玉)】

★解説:男は黙って丸かじりすべし。外側はシャキッとしてて中身はジューシー。トマトは美味しかったですよ本当に♪

【第5位→バナナピーマン】

★解説:豚肉などと油炒めに。程よい甘みでお料理が楽しくなります。冷蔵庫を開け『バナナピーマン』があると、冷蔵庫が楽しげに見えるっていうくらい、ビジュアルも◎。

【第5位→ロマネスコさん】

★解説:何故か『さん付け』で呼びたくなるような存在感。サッと茹でてマヨネーズに付けて食べる。美味しい〜。フラクタルな見た目とは裏腹にお料理はとっても簡単でした〜★

【第4位→カラーピーマン黒&白】

★解説:『黒&白』どっちを選ぶかはお客さんのお好みで。肉厚で甘みも十分。カットしてサラダを作っただけで『まぁ、なんとエレガンスなサラダなのでしょう』と感動のお声を頂戴できるでしょう。

【第3位→紫アスパラガス】

★解説:生でかじった瞬間、あまりの美味しさに椅子から転げ落ちそうになったスーパー野菜。中々お目にかかれず、超絶レアな至極のアスパラガス体験を皆さまも是非是非♪

【第2位→ピーマン】

★解説:もはや解説不要な新冠の王様お野菜。ピーマンは生でかじって甘い。苦味は向こうの方にあります。まず、都市部では味わえないような食べ心地に、心のそこから感動です。

【第1位→黄色いトマト】


★解説:編集長の朝食の定番となった『黄色いトマト』。甘みがあって、紅いトマトよりかは『サッパリ』していて程よい酸味があるので、『朝』食べると『頭の中がシャキッと』しますね。朝食に『黄色いトマト』、これは自信を持ってオススメできます、はい。

他にも『とうや』や『福耳』、『ナスシリーズ』などなど美味しいお野菜は沢山あるのですが、紙面の都合上ご紹介できるのはここまで(笑)

2018年の【にいかっぷ軽トラ市】が今から楽しみでなりません♪それでは、最後に番外編。『ご試食シリーズ』のご紹介を。

美味しいかったな〜♪
楽しかったな〜♪

niikappu-news

投稿者の記事一覧

1974年2月4日生まれ。
『にいかっぷ新聞』|代表:若勢 文太/bunta wakase
新冠町地域おこし協力隊員

馬に魅せられ東京から北海道日高地方の新冠町へ移住。
この地が世界で一番暮らし心地の良い町だと信じてやまない。

関連記事

  1. 【御礼|お買い物部より】『にいかっぷ新聞』は、無事にオープンいた…
  2. 『鰈(かれい)だけじゃなくて鯖(サバ)も…』そのまま…
  3. 『にいかっぷピーマン』&『日高塩こんぶ』の和え物レシピ☆
  4. 【告知】にいかっぷ新聞『お野菜研究室』では『ピーマン』と名のつい…
  5. 『にいかっぷピーマンたっぷりドライカレー』のクッキングレシピ☆
  6. 【たべる部】海のさち研究室。特派員が『貝KAI祭』を振り返る☆
  7. 【たべる部】大ピンチ!?→『巨大ズッキーニ』VS『お野菜研究室』…
  8. 『無限ピーマン』の『無限』とは何ぞや!?

Translation

『お知らせ部』

PAGE TOP